スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アーバネックスリビオ城南寺町
物件HPはこちら

空堀商店街の人気粉もん店『冨紗家 本店』さん
 
こんにちは。『アーバネックスリビオ城南寺町』スタッフブログ担当です。

最近、高級なお食事より、
SOUL FOODやB級グルメに気持ちが行ってしまう私です。
先日も、愛媛県を旅してきたのですが、
そこで出会った、朝食で頂戴するお味噌汁の優しい味わいに心を打たれ、
帰阪後に、その味わいの秘密をネットで検索。
なんと、お味噌が「麦みそ」だったんですね。
はずかしながら、初めて「麦」で作るお味噌があることを知りました。
大豆よりも、まろやかで
朝の起き立ての体にすんなりとしみ込みます。
愛媛県や鹿児島県でも麦みそをつくっているようで、
早速、私もこちらで「麦みそ」を購入。
今では、毎朝「麦みそ」でお味噌汁を作っているほどの入れ込みようです。
地域によって、食文化が大きく異なるので、
食の楽しみは旅の楽しみを広げてくれますよね!

大阪のSoul Foodと言えば、外せないのが粉モノ。
中でも、やっぱり、お好み焼が定番の人気なのではないでしょうか?
私もお好み焼は大好きで、よくお店でも頂戴しています。
とはいいつつ、自分が作るお好み焼が一番好きなのですが(笑)。
でも、ちょっと趣向を凝らした「変わりお好み焼」で、
色々な美味しさに出会えるお店に行くことはだーいすき。

はいからほり通りに、多くの有名人の方も足繁く通われる、
とっても人気のお好み焼屋さんがあります。
『冨紗家 本店』さんです。



正式店名は『○△□焼 冨紗家』さん http://fusaya-honten.sblo.jp/ です。



店内はとっても広いんですよ。
入ってすぐに、四人がけのボックス席が4、5ケ所あるのですが、
その左手には、ざっと見て30人くらいは入ることができそうなスペースがあり、
しかも、しかも2階にもお店は続いています。
こんなに広いのに、いつも満員・満席です。
遠方からわざわざここまで食べにいらっしゃる方も多いのでしょうね。



色々なブログやレビューにもあるのですが、
大人数で来られた際はお勧めのコースセットがお得みたいです。
メニューが沢山あるので、
初来店だとなかなか決めることが出来ずに迷ってしまいそうですが、
コースなら、人気のお料理がまんべんなく食べられます。
どのコースにもある『もやしと豚のセイロ蒸し』。
これが美味しくてついリピート注文する方も多い模様。
故 松田優作さんが好んで召し上がったということで、
『優作鍋』という別名もあるとか!

今日はとりあえず定番メニューをオーダーすることにしました。
粉もんやさんではありますが、
最終的には粉は使っていない二品をオーダー。
「焼塩ネギ焼き」と「とんとん焼」です。
そしてもちろん、粉もんを食す時のお伴のビールも。。。



生ビールが来た!と思っていたら、すぐに「ネギ塩焼」がやってきました。
オーダーした瞬間だったのでびっくり!
ミスオーダー分があったのかしら?なんて事も思いながら、
もちろん、早速頂戴しました。
おねぎの青い風味と、カリカリに焼かれたガワの食感がたまりません〜。
焼き塩の香ばしさもgood!
ヘルシー(そう思いたい)だし、これは嬉しいです。



そしてもう一品「とんとん焼」。
今日は日頃の食べすぎをけん制すべくメニューを選択しています。
粉もんの感想を楽しみにしてくださっていたら本当に申し訳ないです(汗)。
こちらの「とんとん焼」は、粉はまったく使っておらず、たっぷりの山芋が生地。
卵も入って、コクもあって美味しい!



食べる前に、よって撮ってみました。
カツオ節がフワフワダンスしています。アツアツで美味しそう〜。






お店の入口付近には、このお店にご来店された
沢山の有名人の方々のお写真やらサインやらで埋め尽くされています。
取材も多く受けられていますし、
普段使いで食事に来られている方も多そうです。



一番目を引くのが、オーナーが描かれた色鮮やかな絵画。
なんと、作者は竹中直人さん。
生き生きしていてとっても素晴らしいですよ!

人気店ですが、とってもフレンドリーで気さくなお店です。
予約してから伺った方がベターかも、と思います。
次は、ガッツリ粉もん食べちゃいます!!

SHOP DATA----
冨紗家 本店
営業時間 [火〜金] 17:00〜24:00 [土・日・祝] 12:00〜24:00
大阪市中央区谷町6-14-9
電話:06-6762-3220

アーバネックスリビオ城南寺町
物件HPはこちら

スポンサーサイト

アーバネックスリビオ城南寺町
物件HPはこちら