スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アーバネックスリビオ城南寺町
物件HPはこちら

仰天のボリュームで大人気『一味禅』さん
    
こんにちは。
『アーバネックスリビオ城南寺町』スタッフブログ担当です。
例年に比べ暖かい秋のおかげで、
今年の紅葉はゆっくりとやってきているような気がします。
『アーバネックスリビオ城南寺町』のまわりには、
公園や寺社が多いので、多くの緑が身近に感じることができ、
その木々が徐々に色づいていく様に、風情を感じたこの秋。
大阪市内のど真ん中にあるにも関わらず、
静けさと、ゆったりとした時間の流れが私は大好きです。
昔ながらの景色が、そこかしこに残っていて、
都会にありながらも、とがった感じが無いのが、
わたしが城南寺町を好きなポイントです。

とは言え、大阪城のおひざ元。
多くの人が活気あふれる毎日を暮らし続けたこのエリアは、
本当に美味しいお店が多くて、大満足(笑)。
ジャンルも問わず、金額帯もさまざま。
毎日でも通いたくなるお店が沢山あって、
『アーバネックスリビオ城南寺町』にて働け、シアワセな毎日です。
もうすぐで、全邸ご契約、となるのが、
嬉しいような、ちょっとさびしく残念なような…。
ぜひ、私のあとは、お住まいになっている皆さんで、
美味しいお店を沢山探していただき、
城南寺町を楽しんでいただければ、と思います。

さてさて、今日は、谷町筋にあるお店のご紹介です。
『一味禅』さんです。



こちらのお店はよくテレビや雑誌の取材を受けてらっしゃります。
私も、何気なくテレビで紹介されているのを見たことがあり、
その時は意識をしていなかったのですが、
谷町6丁目界隈を散策するようになって、
このお店を見たときに、「あぁ、このお店は!」と合点がいきました。

とは言え、城南寺町からは、少し距離があり、
しかも、谷町6丁目駅を少し超える形になるので、なかなか来る機会がなく、
やっとで、先日、お伺いすることが出来ました。
こちらは、海鮮物を中心とした居酒屋さんで、特に丼物が有名です。
夜に日本酒をひっかけながら、お刺身を。。。なんてのも素敵ですが、
今回はランチタイムに伺いました。

こちらがお店の前に出ている看板。






豪快です。
デカイです。
看板前で、写真を撮ったり、じっくり読みふけっているしている間に、
3組のお客様がスイーっと中に入って行かれました。
ひと組は自転車で、ひと組はお車でご来店。
そして、今はお昼の1時15分。
こんな時間なのにすごいですよね。
そういえば、ランチタイムは前に人が並んでいることもよくあります。
どんなお店なのでしょう〜。

お店に一歩入ると、手前がカウンターで奥が御座敷になっていました。
カウンターには12人くらいのお席があり、
おそらく、奥の御座敷は30人くらいが入ることが出来そうです。
そして、この時間でも満員!
さすがに満員すぎるので、写真撮影は控えました。
カウンターで板場の様子を拝見しながら食事がしたかったのですが、
満席のため、お一人様にも関わらず、奥の座敷に陣取りました。
ちなみに、ネットで拝見すると、二階・三階もお席はあるとのことです。



座敷からカウンター方向を見てみましたが、
この写真では、なんのこっちゃ(**)ですね。
お店の中は落ち着いた感じです。
本当のお家みたい。
座敷は特にくつろげます。

何を食べようか、迷ったのですが、
海鮮丼もいいけど、大のアナゴ好きなので、アナゴ丼をオーダー。
すると、お店の方が、
「アナゴ丼は、大きなアナゴが二尾入っているけど、食べきれる?
初めてやったら、まずは海老アナゴ丼を食べてみたら?
アナゴ一尾と海老が二尾入ってるからね〜」とナイスアドバイス。
もちろん、異論はないので、『海老アナゴ丼』をお願いしました。



こちらが、メニューです。
海老天丼なら520円で、他も1000円までで頂戴できます。
お財布に優しい!!

待つこと10分。
海鮮丼なら、オーダー後、すぐに運ばれてきています。
こうゆうところも、サラリーマンには嬉しいですよね。

やってきました!!!私の『海老アナゴ丼』



あまりにも大きすぎて、アナゴの全姿をファインダーにおさめきることが出来ず…。
あとから写真を確認して、
起立してでも大きなアナゴを撮影しておくべきだった、と大後悔です。
穴子がまるまる一尾、海老二尾、お茄子、ピーマンなどの御野菜など、
沢山の天ぷらが丼に乗っかっていて、ご飯の姿が見えません。



まずは、やっぱり穴子を一口。
身が厚い!ふわふわジューシー。
こんなに大きな穴子を一人占めできるとは、なんと言う幸せなんでしょう。
穴子好きなので、本当にたまりません。
衣はちょっと厚め。
これ、絶対に食べきれない、という大きさです。
食べる前から私を圧倒。。。



丼には赤だしがセットで付きます。
こちらもお魚のアラで出汁をとってらっしゃり、とても美味。
丼を食べながら、赤だしでちょっと、味の気分転換。



結構食べ進んだにもかかわらず、見た目の総量に変化なし。がんばらねば!!!



食べ進めていくうちに、面白いものが天ぷらになっていることに気付きました。
ほぼ立方体の形で、白色系の天ぷらがあり、
「いかかな?」と思って一口かじったところ、なんと「お餅」の天ぷらでした。
お餅をおかずにして、ご飯を食べるという感覚。不思議です。



そして、今度は大きく平べったい天ぷらを発見。
形からしても、恐らく玉ねぎであろう、と思い、
まったくのなんの疑いも持たずに、一口頂戴したところ、
「え、、、なんか、かなり甘い。玉ねぎ独特の臭いも無いし」と
数回、噛んだところで、やっとで、この天ぷらの正体が「柿」であると気付きました。
すごい、美味しいです。
ちょっとしたデザートのような感じ。柿のフリットとでも言いましょうか…。

お店の人にも、「びっくりしました!」と感想をお伝えしたところ、
「結構、いけるでしょ〜」とのお言葉。
確かに行けます。
でも、本当にびっくりしました。
季節の変わり種は、ビックリネタで楽しめますよね。

お食事のボリュームや、コストパフォーマンスの高さはもちろんですが、
お店の方がとっても笑顔で対応してくださって、
初めて一人で伺った私も、まるで常連さんかのように
気持良くお食事させていただけました。
食べた瞬間はお腹いっぱいすぎて、
ぜひ、このまま座敷で寝転がらせて、、、と思ったものですが…。

次はぜひとも海鮮丼にチャレンジしたいと思います。
行列覚悟ですが、回転もとても早いので、
想像以上に早く入店できると思います。

一味禅さん、ご馳走さまでした!


■一味禅
大阪市中央区谷町5-6-4
TEL 06-4304-1621
Open:11:00〜14:00 17:15〜22:30(LO21:30)
定休日:日曜・祝日
http://www.ichimizen.com/

アーバネックスリビオ城南寺町
物件HPはこちら

スポンサーサイト

アーバネックスリビオ城南寺町
物件HPはこちら